八ヶ岳・赤岳南峰リッジ

 

山行日:20131229()1

山域名:八ヶ岳・赤岳

参加者:東、井出

報告者:井出

 

 

12/29

2200 大阪駅モンベル前 井出号で出発

 

 

12/30 晴れ、月あり

0305 諏訪湖SA 仮眠

 

0650 美濃戸(赤岳山荘駐車場)

 

0750 出発  柳川北沢へ

 

0910 堰堤  0950 休憩    

 

1030 赤岳鉱泉小屋着

 

1100 テント設営完了  大同心沢へ入り大同心沢大滝へ             

 

1600 テントで乾杯 

 

2000 寝る

 

 

12/31  ガス、小雪、風あり

0400 起床

 

0530 東・井出班出発し一路阿弥陀岳北稜を目指す。

 

0555 中山乗越 0605行者小屋 0615文三郎道分岐を中岳沢へトレースなし

 

0800 阿弥陀岳   風強し、視界不良

 

0855 中岳のコルで休憩、中岳経由し文三郎道へ。トレースなし

 

1035 文三郎道から南峰リッジ取付き入る。1100目印の灌木からスタカット。

 

1430 5ピッチを経て赤岳南峰頂上の祠にでる。登攀終了。

 

 

1645 赤岳鉱泉着(赤岳展望荘〜地蔵尾根〜行者小屋経由)

1900 鉱泉小屋のビンゴ大会

2400 適当に寝る

 

 

1/1

0700 起床 0900出発、0935堰堤、1025駐車場、1200もみの湯、1415辰巳屋発

                                         

2100 大阪駅解散

 

 

 

12/29

予定時刻にモンベル前出発。

最近は高速バス乗り場がひろがり、結構窮屈。高速は渋滞無く諏訪湖SAまで。

 

 

12/30

しっかり2時間目をつぶって仮眠。起きたら腹ごしらえ。諏訪南ICを降りてすぐのファミリーマートへ立ち寄り。ここが最後のお店。美濃戸口で念のためにチェーン装着いざ林道へ。氷では無く柔らかい雪の感触。東さん車を快調に進める。いつもの赤岳山荘駐車場へ到着。駐車率8割くらいか。

 

各自準備完了し0750出発。眠たいながらも気合を入れて1030赤岳鉱泉小屋へ到着。小屋へ着く30分前に日本カモシカを見る。

 

テン場はWC前の一段上がった所に丁度良いスペースあり。前泊者に感謝しつつ整地。今回は中本さんと石川さんが小屋泊。氷見さん・東さん・私の3人が6人用テント泊。

 

休憩&行動食を終えてアイスクライミングへ出発。大同心ルンゼをつめる。40分ほどつめて現れたのが大滝。迫力あります。終了点がはっきりわからないので、氷にアックスを打ち込むものの無理せず登らない事にした。

 

時刻は14時半。小屋の食事(17時)前にはテントに戻って宴会をしようと、引き返す。夜は氷見さんの七変化粕汁をタラフクいただきポッカポカにあったまる。そういえば気温はそんなに低くない。ビール・ワイン・日本酒・焼酎を次々と頂き20時過ぎにねる。

 

 

12/31

テントは0400に起床。氷見さんが手早く雑炊とお茶と作ってくれて大助かり。東さんと井出は0530に出発した。

 

今日の予定は阿弥陀北陵から赤岳・・余裕があれば赤岳南峰リッジ登攀。いずれにしても、東さんに冬のバリエーションのトップをお腹いっぱい満喫して頂くのが今回の私のもくろみ。

 

行者小屋を過ぎて0615には文三郎道から右へ離れ中岳沢へ入る。本日のトレースは無し、一番乗りのよう。視界の効かない中岳沢を進みながら右の尾根へ直登するタイミングをはかっていたはずが・・・、全く痕跡を見つけられずそのまま登ってしまう。気が付けば間もなく稜線の高度になっている。

やってもうた〜と思いつつ、引き返すのは気持ちが萎える。

こうなったら阿弥陀岳まで普通に登り、オプションの南峰リッジで赤岳へ行く提案を東さんに伝える。

 

中岳のコルから文三郎道までは本日のトレースなし。風は終始つよく視界がきかない。文三郎道へ出て、少々行者小屋方面へ下る。視界が効かず南峰リッジがはっきり分からない。東さんに行くか否か聞くとハッキリ行くとの返答。さらに下ると主稜を登攀中のパーティのコールがはっきりと聞こえ主稜がわかった。

 

文三郎道を上がり大きな岩が2個ある付近からロープを乗り越える。左側の主稜を意識しながら這い松帯の斜面をひたすら直登する。

前方左手に顕著な灌木を発見。灌木の左側からリッジ伝いにスタカットで登る事にする。もちろん東さんオールトップ。

 

1P目、40Mほどロープを伸ばし、左のルンゼへ降りる所のピナクルで切る。

2P目は一旦左のルンゼへ下って、その奥のリッジを登り遠くに見える顕著なピナクルで切る事にする。

 

3P目はロープをいっぱいのばし、地面の大岩でビレイ。一瞬空に晴れ間がのぞき、頂上小屋が左上に見えた。

 

4P目は凹角からチムニ状の岩を気合で越えて30Mほどで切る。そろそろやろ〜と言葉を交わして

 

5P目をスタート。30Mもでていないが左上方でうっすら見える東さんから「解除!」のコール。東さんから左へ視線を移すと別の人影が・・着いた。そそくさと登ってみると、まさに頂上の祠の前。

 

最高のシチュエーション、実にすばらしい。2人でピッケルを空にかざしてガッツポーズ。

 

時刻は1430。ロープをしまって頂上小屋へ、小屋は閉まっている。仕方なく展望荘から地蔵尾根をおりて

 

1645テントへ帰着した。行者小屋からの帰り道、東さんの後ろ姿は魂が抜けているように見えた。その晩はさらにおいしいお酒が飲めた。

 

石川さんのクジ運の強さに驚いた。

中本さんはアウターを誰かに持って行かれ今回はついていなかった。

氷見さんのザックは次と食糧が出てくる・・まるでドラえもんのポケットだ。久々に胃が大きくなった気がする。

 

 

1/1

アイスはやめて0900出発。あっという間に駐車場まで戻った。

もみの湯は12時から、30分間車で待った。辰巳屋経由で大阪には21時到着。

 

皆様お疲れ様でした。

 

 

 

 

☆☆☆  東さんの報告  ☆☆☆

 

 

予定どおりに阿弥陀岳北陵をめざして暗い中、ヘットランプを点けて出発。

 

行者小屋をすぎて進んで行くが出発が早かったせいか誰も歩いていなく、トレースが消えかかっている状態で軽いラッセルとなる。暗い中、トレースもなく取付き箇所を見落としてしまいそのまま夏道に突入してしまう。トラバースして尾根に取付く所を探しながらどんどん上がっていくがとうとう中岳のコルに到着してしまう。

 

阿弥陀岳北陵が大停滞していたら行く予定だった赤岳南峰リッジをめざすことにするが、もったいなから阿弥陀岳を登り中岳から文三郎道を下ることにする。

 

井出さんが中本さんにアマチュア無線で予定変更の連絡を入れ、赤岳南峰リッジをめざして出発。

天気が悪く風が強い、阿弥陀岳は早々に中岳を目指すがここもトレースがなく、軽いラッセルとなる。文三郎道を下り広大な草つきから取付くがガスっていて上部が見えない、とりあえずどんどん上がっていくが、強い風とガスのなか凍りついたお花畑にごめんねと言いながらバイルを刺しても、いまいちテンションが上がらない。

 

そうこうしていると一瞬ガスが抜けて上部のリッジと1ピッチ目の岩木が見える。北方向からも赤岳主稜に取付いているパーティの声が聞こえる。井出さんも急にテンションが上がり大声で叫んでいる。私も叫ぼうと思った瞬間、また爆風とガスにまかれたのでとりあえず岩木を目指す。

 

ランナーの残置がないみたいなのでロープはシングルで行くことにする。

 

1ピッチ目スタートするがやはり残置がなくピナクルを雪から掘り出してランナーを取りながら進むが、後10mのコール、終了点が無い?どうしよう・・・? またピナクル掘りで終了点作成する、クライミングは楽しいのだが、爆風とガスとピナクル掘りで手が凍り、1ピッチ目で心と体とオーバーグローブがズタズタになってしまう。

 

2ピッチ、井出さんがスタートしない?そうだった、今日の工程はすべて私が先頭を行くことになっていた、ごめんなさいかわってくださいと何回も口の中で呪文を唱えながらスタートするが待っていたのはやはりピナクル掘り!

 

5ピッチ目でやっと赤岳南峰のピークに出るが終了点が無いので祠にごめんなさいと言いながら横の岩を借りて確保する。

 

帰りは地蔵尾根を下りテン場に戻りビールで乾杯!

井出さん、石川さん、中本さん、氷見さん

ありがとうございました。

 

   東

 

 

IMG_3677

 

IMG_3679

1PC300047

IMGP3938

 

IMGP3944

IMGP3943

IMG_3686

 

IMGP3950

大同心の大滝

IMG_3701

IMG_3702

 

IMG_3703

IMG_0590

夕闇の赤岳鉱泉小屋

5PC310052

 

 

6PC310053

阿弥陀岳への登り7PC310054

阿弥陀岳への上り

 

IMGP3954

 

中岳のコル8PC310055

9PC310057

南峰リッジ2P目10PC310058

南峰リッジ2P

南峰リッジ2P目終了点作成中の東さん11PC310059

南峰リッジ2P目終了点作成中の東さん

 

IMGP3960

 

南峰リッジ4P目スタートする東さん12PC310060

南峰リッジ4P目をスタートする東さん

 

赤岳南峰頂上の祠を終了点として登攀終了122PC310061

赤岳南峰頂上の祠を終了点として登攀終了

 

 

13PC310065

赤岳頂上小屋前にて

IMG_3717

赤岳鉱泉小屋恒例のビンゴゲーム大会。ワインを

飲みながらみんなでゲームを楽しんでいます。

IMG_3720

喜びのビンゴでくじを引きます。たのんまっせ。

IMG_3721

やったー。 高額の景品を抱えて大喜びの井出さん

楽しめました。ありがとう、赤岳鉱泉小屋さん

14P1010066

 

15P1010067

16P1010069

 

八ヶ岳・赤岳南峰リッジ