霞沢岳(北アルプス) レポート

 

  REPORT SEP22-25.2011

行 程:島々⇒徳本峠⇒霞沢岳⇒徳本峠⇒上高地

参加者:氷見・中本・竹内・杉村

 

 

 

22日 大阪⇒島々

20:00、ヨドバシカメラ前出発。行楽シーズンの三連休ということもあり少々の渋滞がありましたが、車中の会話も盛り上がり、あっという間に島々安曇支所に到着。「思ったより早く着いたね!」なんてホッとするのもつかの間、ここで大チョンボが発覚!なんとテントのポールが無いではありませんか。まぁここで深く考えても仕方ないのでこの日は役場の軒下を借りての小宴会&ビバークとなりました。明日は少し遅めの8時発の予定です。

 

23日 島々⇒徳本峠

役場には続々と登山者の車や散歩の方が入ってきます。仮眠とは言え僕たちが寝ているのは正面玄関の自動ドア前だったのでそそくさと身支度を整え出発です。

先ずは島々から作業林道を歩いて二俣。そこからは谷筋をひたすら登ります。途中橋が流されていた箇所では流れが激しいこともあり念の為にロープを出して渡沢しました。そして後半はバテ気味になりつつも徳本峠へ到着。到達感を味わう間もなく峠を吹き抜ける寒風が体を芯から冷やします。でもテントがありません。まぁ深く考えても仕方ないのでとりあえずツェルトを張って宴会開始!「やっぱ寒い時は狭い方がいいよね!」なんて言いながら二人用のツェルトで四人肩を寄せます。熱湯をこぼしてお尻を火傷したり、ビールをまみれになったり、ガス欠の危機など少々の問題もありましたが、この日は小屋とツェルトの二組に分かれて眠りにつきました。

 

24日 徳本⇒霞沢岳⇒徳本

7時。「出るの遅いんじゃない?」と小屋のオジサンに急かされつつ霞沢岳へ向けて出発!霞沢岳まではジャンクションピーク、K1K2をはじめいくつもの登り返しがありそこそこ歩き応えのある道のりです。それでも山頂の360℃雲一つない快晴とポカポカ陽気で一気に疲れが吹き飛びます。

復路は景色を目に焼き付けようと何度も何度も後ろを振り返っている間に気が付けば徳本に着いてしましました。

そしておやつの時間に宴会開始!ついでに晩御飯も平らげて明るいうちに就寝。「長い夜になるなぁ」と思いきや小屋でNHKが宴会風景を撮影するとのこと。もちろん岳友クラブはセンターテーブルで飲んで唄って大盛り上がり。この模様は1030日の「小さな旅」で放送されるとの事です。

 

25日 徳本⇒上高地⇒大阪

帰るとなるとサッサと撤収したくなるのが大人心なのか、帰路の日は登頂日より遥かに早い

5:30に出発して始発のバスに乗る予定です。ツェルト泊の僕は4時から朝食の雑炊を作りはじめますが5時前になっても小屋組みの二人が起きてきません(明らかに昨夜飲み過ぎですね!)。それでもベテラン組は素早く朝食をかき込みツェルトを撤収して予定通りに出発!荷物を大目に引き受けリュクが閉まらず悪戦苦闘した僕は15分遅れ。「先に行っとくね!」と先行した3人をダッシュで追いかけます。ところが3人も早い早い。最後の明神から河童橋なんて、もう駆けっこ競争みたいになって、コースタイムの半分でバスターミナルに到着しました。

そして温泉に浸かって大阪へ!早起きの甲斐あって渋滞にもつかまらず早い時間に解散する事ができました。

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-23 11.35.38.jpg

岩魚止。北アルプスの天然水

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-23 12.46.15.jpg

島々谷での渡沢でびしょ濡れ

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-24 10.14.15.jpg

霞沢より(杉村)

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-24 11.45.49.jpg

K2より穂高連峰(氷見・竹内)

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-24 14.32.33.jpg

徳本峠小屋

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-24 15.16.39.jpg

テントポールを忘れて・・・

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\2011-09-24 19.45.55.jpg

NHK「小さな旅」国井アナウンサーと(竹内)

説明: C:\Users\user\Documents\Resized\20110129185418.jpg

河童橋までの駆けっこ、一等賞!(中本)

 

霞沢岳(北アルプス)