秋の例会・香川県小豆島『親指嶽・赤いクラック5.9を登った

日 程

20121116(金)−18日(日)

参加者

熊倉、木本、東、八木

天 候

1617日(雨)、18日(晴れ)、平均気温1012

旅 費

テント場・吉田の銭湯@300円/人、食費@2000円/人、

交通費(ガソリン、フェリー代・人&普通車で)@53005600円/往復/人

  小豆島ジャンボフェリー(電話 078 327 3322)

  船賃:同乗者往復料金 3300円、普通車/運転手込み 片道4990円

行動経緯

11月16日(金)

23:00 JR/阪急/阪神・三宮駅前、デパート・SOGOUのあるブロックの東側通りのタクシー乗場の一角で待ち合わせ。その後、神港第3突堤、小豆島ジャンボフェリーの

乗り場へ移動、乗船手続きをする。

11月17日(土)

01:30 神戸港・出港。 香川県・坂出港経由の夜行便に乗船(30分遅れの出帆)。

夜の瀬戸内、明石海峡大橋を通過、東さんと熊倉さんはアッパーデッキのオープンルーフでミノ虫就寝、八木と木本君は普通に文化人的客室内で雑魚寝。

07:30 定刻より10分遅れ小豆島・坂手港入港、下船。 車で移動、小豆島・草壁町内の喫茶店でモーニングを食べた(600円/人)。 JAZZYな店、窓越しに湾内を一望でき

出船入り舟を眺める。 そして、ママさんがオリーブの実をくれる、普通に美味しかった。

 09:30 吉田でテント設営、ドシャ降りの雨、暇で寒い。

 11:00 晩御飯の買出しを兼ね、島のドライブに出かけた。

 13:30 島を一周して吉田に戻ったが、以前としてドシャ降り、暇だ。

 15:30 雨が止んだ、フリーを一本だけトライした。そしてビジターセンターで入浴(300円)。

       テントに戻り、晩飯の支度。 今晩のメニュウは木本君提供の『ほうとう鍋、小豆島特産・ばちソーメンバージョン』である。東さん持参の高価なワインと日本酒も全て飲み干し酩酊。

 22:00 就寝。テントで寝る人、また草むらで仰向けになり漆黒の夜空を眺める人、満天の星が

銀河アンドロメダまで続くユニバースが見えた。

11月18日(日)

 06:30 起床、朝食。 朝ごはんは木本君のお手製『チキンラーメンおじや』である。 刻みネギや

ノリが乗っていて美味しく頂く。

 07:00 テント撤収、出発、眩しい朝日が瀬戸内を照らす、東よりの微風、快晴。

 09:30 親指嶽取付き着、クライミング開始。

 13:20 頂上到着、小休憩と軽食。

 13:40 下降開始、頂上から懸垂下降25m。 そして徒歩下降を交え、再び懸垂下降約40m。

 15:20 取付きへ戻り、アプローチを下山。

 16:00 坂手港着。

 16:40 出港(帰りは直行便です)。

 19:40 神戸港入港、下船。

 20:00 三宮(先の集合場所)で解散。

 

クライミング先行は熊倉さんと木本君、後続は東さんと八木の2パーテイー。 

P1(フェイス)、熊倉さん堅実にランナーを取りながら高度を稼ぐ、続く木本君も難所をがんばり抜く。

間合いを置かずに東さんには木本君をバックアップして頂きながらリードをお願いする。

P2(フェイス、ジェードル)、リード熊倉さん同様に前進。出だしがムズイ、木本君に便利なアブミの利用を薦める、少しと惑ってはいたが直ぐにだ。

P3(カンテ、フェイス、ジェードル)、リード熊倉さん、続く木本君、そしてリードの東さん、皆の姿は見えない、前進が途絶える、ロープが出て行かない、アンカービレイの私は暇だ。

P4(フェイス、潅木帯、スラブ)、熊倉さん屈折したリードロープをパワーで引きあげスラブを登る、そして木本君をビレイ。 八木はロープの抵抗に負け潅木帯で東さんをビレイ。

P5(フェイスをトラバースして大テラスへ、そして正面突破! 頂上へ)、熊倉さんリード、木本君が続く。間髪いれず東さんがリード追従、再びアンカービレイの八木は暇になる。やはり皆の姿は見えない。

仰ぎ見ると頂上が左右に揺れて見える、眼下を見下ろすと近くなったり遠くなったりと見える。

完璧に二日酔いだ。東さんと木本君の葛藤の会話が岩越しに途切れとぎれに聞こえてくる、大テラスからは

大変な箇所は無いと思うのだが・・・、振り向くと海が綺麗だ、でも少し寒い、早く登らせてほしいな。

そしてOKが出た。トラバースしてみるとロープが直上しているワ、登った事の無いフェイスの直登だ!

こりゃ大変、ギアを回収しながらフリーで登る。『赤いクラック』はこんなに大変やったかナ? でもエエ、

皆さん無事に登れたし、東さんにもピークハントしてもろたし、完璧に成功だ。

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\CA3I29520001.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180024.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180025.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180026.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180028.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180029.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180033.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180036.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180037.jpg

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180038.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\PB180039.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\Resized\CA3I2988.jpg

 

説明: 説明: C:\Users\user\Pictures\小豆島・拇岳121116\CA3I2994.jpg

 

 

 

小豆島・拇岳 赤いクラック

説明: C:\Users\user\Desktop\岳友クラブ\10c.gif

説明: C:\Users\user\Desktop\岳友クラブ\10b.gif